2つのヴァイオリンのための協奏曲-ラルゴ・マ・ノン・タント(バッハ)

2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV1043(ふたつのヴァイオリンのためのきょうそうきょく)は、ヨハン・ゼバスティアン・バッハが作曲した2つのヴァイオリンのための協奏曲で、彼の残した3曲のヴァイオリン協奏曲のうちの1曲にあたる。

1730年頃から翌年の1731年にかけて作曲されたものと伝えられる作品で、以前は第1番・第2番と同じくケーテン時代の1718年頃に作曲されたものとされていた。またケーテン時代の作をライプツィヒのコレギウム・ムジクムのために書き直したものという説がある。しかし近年の研究では、この説の根拠は薄弱であることが挙げられ、実際にはコレギウム・ムジクムで音楽監督を務めた1730年頃から翌年の1731年にかけて作曲されたものという見方が強くなっている。。

全3楽章の構成
第1楽章 ヴィヴァーチェ(Vivace)
 第2ヴァイオリンが主題を奏で、第1ヴァイオリンがイ短調で応える。カノン風対位法による。合奏部は全体的に補佐役。
第2楽章 ラルゴ・マ・ノン・タント(Largo ma non tanto)
 平行調のヘ長調。ゆるやかな8分の12拍子。高貴さを湛えた華麗な楽章である。第1楽章と同じように第2ヴァイオリン―第1ヴァイオリンの順に主題を重ねる。
第3楽章 アレグロ(Allegro)
 ニ短調、4分の3拍子。やや急速な最終楽章。緻密な書法によって緊張感がはられ、軽快な旋律が流れるように繰り広げられてゆく

保留音として第2楽章 ラルゴ・マ・ノン・タントを準備しました。こちらのファイルをダウンロードし、InfiniTalkのコントロールパネルよりアップロードしてください。

※本音源についてはパブリックドメインに帰しいる1Classical.comのファイルから変換を掛けて作成しました。

※保留音は8Kbpsのwavファイルを準備することにより変更することができます。

変更の方法については「InfiniTalkコントロールパネル利用・ユーザー・マニュアル」の管理者偏を確認してください。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

Powered by Zendesk