カノン (パッヘルベル)

ヨハン・パッヘルベルのカノンは、ドイツの作曲家ヨハン・パッヘルベルがバロック時代中頃の1680年付近に作曲したカノン様式の作品である。「3つのヴァイオリンと通奏低音のためのカノンとジーグ ニ長調」(独: Kanon und Gigue in D-Dur für drei Violinen und Basso Continuo)の第1曲。この曲は、パッヘルベルのカノンの名で広く親しまれており、パッヘルベルの作品のなかで最も有名な、そして一般に知られている唯一の作品である。

 

※本音源についてはパブリックドメインに帰しいる1Classical.comのファイルから変換を掛けて作成しました。

※保留音は16bit、8KHzのwavファイルを準備することにより利用することができます。

本ファイルへ保留音を変更する方法については「InfiniTalkコントロールパネル利用・ユーザー・マニュアル」の管理者偏を確認してください。

 

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

Powered by Zendesk