CentOSへの日本語版インストール

1.SugarCRM CE の日本語パケージはSugarCRM6.1にのみ対応している為、最初に下記の手順でSugarCRM CE6.1のインストールを行う。

http://ostechnix.wordpress.com/2013/05/08/install-sugarcrm-on-centos-6-4-rhel-6-4-scientific-linux-6-4/

SugarCRMは下記からダウンロードする。

 wget http://sourceforge.net/projects/sugarcrm/files/SugarCRM%20Release%20Archive/SugarCRM%206.1.0/SugarCommunityEdition-6.1.0/SugarCE-6.1.8.zip

 

2.下記より日本語パッケージをダウンロードし、インストールする。

http://www.sugarforge.org/frs/?group_id=581

SugarCE JLP 610.zip

パッチは管理者でログインして画面右上のAdmin⇒Module Loaderでインストール。

その後、Repair⇒Quick Repair and Rebuildで反映。

ログアウトしてログイン画面のLanguage:にJapaneseがあることを確認する。

 

3.SugarCRM6.1から6.5にアップグレードする。

 Upgrade Wizardをクリックしこのページにある4つのファイルを数字の若い順にインストールする。

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

Powered by Zendesk